2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ピーシャーの水便続いてます。

毎日更新出来なくてごめんなさいね。

6月1日で子猫たちは3ヶ月になりました。

そして、エイズ陽性反応が出てたこの子達ですが、

予防接種の時期でもあるので、エイズの詳しい検査をしました。

母親からの抗体だったのか?

それともキャリアなのか?

通常は生後半年までは母親の抗体があるため

通常の検査をするのであれば6ヶ月になってからでないと

しっかりと判定できませんが、

この子達は里子にも出さなきゃいけないし、

ふうちゃんは大きな病気を持ってるし。

三種混合ワクチンの月齢でもあるので

DNA細胞検査を4匹全員受けてきました。


20150705020134d49.jpg


通常のエイズ白血病簡易検査よりも

はるかに高い検査です。

でも、特にふうちゃんには必要な検査かとも思ったので

受けてきました。

結果は1週間から10日程のようです。




できれば全員エイズ陰性であって欲しいです。

特別怖い病気ではありませんが、

やはり陰性にこしたことはないです。

結果がわかり次第お知らせしますね。

そして兄妹達の体重は女の子両方ともに1.58kg

男の子は⒈84kgとふうちゃんの2倍以上の体重がありました。

ふうちゃんは今800g足りないので頑張って大きくならないとね!





そして、ふうちゃんですがいつも沢山の方々に応援され、

いつ手術するんですか?と聞かれます。

私的にはすぐにでもさせてあげたい気持ちいっぱいですが

やはり高額な手術のため、めどがたたないとふみ切れません。

それと同時にふうちゃんの体力維持も必要不可欠です。

あまり飲んでくれない日があったり、

そうかと思うとすごく元気な日があったりと

最近は特に不安定な体調が続いてます。

体重が減ったりしたので心配です。


20150705020136a42.jpg


そして、4匹のうちの誰かが凄い下痢をしてるんですが、

夜はほぼケージなので誰がしてるのかわからなかったのですが

今日、兄妹達を先にケージに入れた時に

リビングのトイレで「びちゅ〜」って音が!

もしや?と思い見てみたらやはり下痢してました。

ふうちゃんです。

もう一匹出てたんだけど、別の場所に居たので

たぶんふうちゃんだと…

どうりで飲まないは下痢するわで

体重増やす所じゃないですよね!

また病院です…



20150705020156955.jpg


20150705020137fc9.jpg


兄妹立ち食べてるご飯が欲しくてたまらないようなんです。

部屋で遊んでる間はえさをケージの中に入れて置くのですが

食べたくてしょうがないんでしょうね、

ケージの裏にまわったり、横の隙間に入ったりして

手を伸ばして手についた餌を食べてるんですよね。

誤嚥性肺炎を起こすので、

すぐに届かない場所に置きますが、

キッチンの上に上がって探してみたり

見てるとかわいそうで涙が出そうです。

みんなと同じものが食べたいんだろね!

美味しいもんね。

これがいつまで続くのかと考えると

辛くてたまりません。




きっとクリニケアだけでは栄養が吸収できないんだろうね!

おまけに下痢しちゃってるし。

そりゃ痩せちゃうよね!

私に甲斐性があったらってほんと悔しいです。

4月からずっとこのチビ猫ちゃん達や

ママ猫に費やしたお金があれば手術に踏み切れるのにって

そんな事思っても仕方ないけど、

何もしてあげれない自分が悔しいです。



どうか、ふうちゃんが1日でも早く手術を受けれるよう

少しづつでも沢山の方が支援してくださったら

1日でも早く手術が受けられるかもと。。

どうか、少しで結構です。

ふうちゃんを助けてあげていただけませんか?


Twitter等でも支援を呼びかけておりますが

わざと邪魔してくる方も多く大変困っている状態です。

誹謗中傷は覚悟で支援を呼びかけております。

ふうちゃんの事を理解できない方は納得されるまでご遠慮下さい。

全てを受け入れ、信じて助けようって思ってくださる方だけで結構です。

強制でもありません。

また、ご質問等ありましたら手術についてとか

術後どうなるのとか、質問いただきましたらこちらで

一つ一つ説明させていただきます。




ただ、今わかっている事は

できるだけ早く手術した方がよいと言うことです。

手術すれば完全でなくとも今よりは食事も

少しづつ食べれるようになります。

術後、食道狭窄部分が開きにくい場合は

後ほど新たにバルーン手術が必要となります。



同じ病気を持つ子猫ちゃん達が

どんどん手術を終え回復に向ってます。

食べれるようになれば普通の猫ちゃんと同じように

生きていくことが可能です。

絶対という言葉はどの猫ちゃんにもありませんが、

少なくともふうちゃんもってる寿命までは生きていけると思ってます。

過去に同じ病気で手術した子も15歳まで生きました。



ふうちゃんに明日をあげていただけませんか?

よろしくお願い致します。



2015070503123828b.jpg




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/07/05 ] ふうちゃん | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。